B型肝炎について

B型肝炎さて、特殊な医療訴訟に関する事例を考える前に、『B型肝炎』に関して取り上げておきましょう。世の中には様々なウイルス性の病気がありますが、この『肝炎』も、『肝炎ウイルス』が原因となって発症するものとなります。いわゆるウイルス性肝炎の一つであり、他にもC型肝炎などの種類があります。肝炎ウイルスに感染すると、肝臓の機能を低下させます。肝臓の細胞を破壊し、症状が進むと肝硬変や、肝臓がんなどに発展することもあります。

肝炎の症状としては慢性肝炎や急性肝炎といった症状があり、一番重い症状として劇症肝炎があります。急性肝炎や慢性肝炎の場合、自然治癒等が可能な場合もありますが、劇症化した場合は生存率そのものが低くなる、とても危険な状態と言えます。

B型肝炎はウイルス性のため治療できる医療機関が限られています。それは『肝疾患連携拠点病院』とも呼ばれ、どこで治療を受けることができるか、検索などはインターネットで行うことができます。肝炎の治療法は幾つかありますが、不確実とされている方法もあります。また患者によっては行えない治療法もあります。B型肝炎には感染経路が複数に亘って考えられますが、過去と現在ではおもな感染経路が異なっています

B型肝炎の訴訟問題とは

医療訴訟の対象となる病気に関して、過去の事例などがそれに関連している場合があります。そしてそれに対する訴訟が、特定の病気に対して適用されることがあります。その一つが、『B型肝炎』なのです。先ほどは記述しませんでしたが、B型肝炎の感染経路はいくつか考えられ、その内の一つが、医療機関における、『注射器の使い回し』です

B型肝炎B型肝炎は、血液感染が感染経路の主となります。過去に、特定の病に対する予防注射が全国で一斉に行われました。現在ではそのようなことは考えられませんが、その時代においては、まさにその感染経路となってしまう、『注射器の使い回し』が一部で行われました。それによって、B型肝炎に感染した方がおられ、そういった方に対して、国はその感染の賠償となる『給付金』を給付することになっています。

当然その年代に対象となっている人限定ですが、対象となっている方は、一番の方法として、弁護士を通して訴訟を行う事ができます。というよりも、その給付金が支払われる為には、『訴訟が行われなければ』なりません。もちろんここでも、どのような弁護士を選択するかということ、そして実際にどのくらいの額を受け取ることができるのかという点を把握しておくことが大切です。

関連記事⇒B型肝炎について

医療訴訟と被害者

医療問題医療問題というのはえてして相方の思惑通りに事が運ばないということが多くありどちらかが泣きを見てしまうということがあります。まずそれについて記述する前に医療訴訟問題について、ですが、医療訴訟とは病院、それにそこに所属する医師等による医療行為を原因として、患者が何らかの不利益を被って、それに対して患者側が法的な訴訟を起こすこととなっています。例えば、ある医師の手術が、本来は病気から当人を救うためのものであったのに、医療ミスにより、その患者を死なせてしまったとします。

その場合、家族や親族から、医師の医療行為に問題があったとして、訴訟を起こされることがあります。また、患者自身が訴えを起こすこともあります。実際に過去には多くの医療訴訟の例があり、それによってどのような結果を迎えたかというのは、それぞれのケースで異なっています。ということは、患者の訴訟が受け入れられなかった…病院側は賠償等を免れたケースもあります。

この問題が難しいのは、病院の医療行為に関しては、ブラックボックスになっている点も多いということです。病院側が特定の医療ミスに関して隠ぺいしようとしたら、隠ぺいできてしまうことがあるというのも問題点です。

関連記事⇒B型肝炎の訴訟問題とは

社会と医療訴訟問題

長年にわたって解決していないことはたくさんあります。それは社会問題へと発展することもあり、私達一般市民が認知していないことも中にはあります。そういった社会において情報を得ようとするのは簡単ではないですが、一時期と比べてインターネットの普及によってそういった情報は、得やすくなった、と言えます。情報の価値というのは次第に高まっていきますから、より私達が得やすくなった情報を、まさに自分たちのために利用することができるかもしれません。そういった点を考えると、より情報というものを有効活用して行きたいと思わされます。

問題確かに私達一般市民にできることというのはそう多くありませんが、『知る』ということを第一歩として、それを今後の『関心』、そして『行動』へとつなげていくことは、出来るかもしれません。現代と昔とでは社会の構成も異なっていますが、昔から取沙汰されていることで、現代でも解決できていない問題があります。その問題の一つが、『医療訴訟』の問題です。

『医療訴訟』というキーワードだけ聞いたことがあっても実際に関心をもって調べられたという方はそこまで多くは無いでしょう。実際に私達が医療問題に関して関心を持つことができるのはまさに情報社会の恩恵と言えますが、過去の実例なども参照してみることによって、医療訴訟問題などの新しい面が見えてくるかもしれません。では過去にどのような問題があって、これからどのように取り組んでいくべきなのでしょうか。

関連記事⇒医療訴訟と被害者