B型肝炎について

B型肝炎さて、特殊な医療訴訟に関する事例を考える前に、『B型肝炎』に関して取り上げておきましょう。世の中には様々なウイルス性の病気がありますが、この『肝炎』も、『肝炎ウイルス』が原因となって発症するものとなります。いわゆるウイルス性肝炎の一つであり、他にもC型肝炎などの種類があります。肝炎ウイルスに感染すると、肝臓の機能を低下させます。肝臓の細胞を破壊し、症状が進むと肝硬変や、肝臓がんなどに発展することもあります。

肝炎の症状としては慢性肝炎や急性肝炎といった症状があり、一番重い症状として劇症肝炎があります。急性肝炎や慢性肝炎の場合、自然治癒等が可能な場合もありますが、劇症化した場合は生存率そのものが低くなる、とても危険な状態と言えます。

B型肝炎はウイルス性のため治療できる医療機関が限られています。それは『肝疾患連携拠点病院』とも呼ばれ、どこで治療を受けることができるか、検索などはインターネットで行うことができます。肝炎の治療法は幾つかありますが、不確実とされている方法もあります。また患者によっては行えない治療法もあります。B型肝炎には感染経路が複数に亘って考えられますが、過去と現在ではおもな感染経路が異なっています