医療訴訟と被害者

医療問題医療問題というのはえてして相方の思惑通りに事が運ばないということが多くありどちらかが泣きを見てしまうということがあります。まずそれについて記述する前に医療訴訟問題について、ですが、医療訴訟とは病院、それにそこに所属する医師等による医療行為を原因として、患者が何らかの不利益を被って、それに対して患者側が法的な訴訟を起こすこととなっています。例えば、ある医師の手術が、本来は病気から当人を救うためのものであったのに、医療ミスにより、その患者を死なせてしまったとします。

その場合、家族や親族から、医師の医療行為に問題があったとして、訴訟を起こされることがあります。また、患者自身が訴えを起こすこともあります。実際に過去には多くの医療訴訟の例があり、それによってどのような結果を迎えたかというのは、それぞれのケースで異なっています。ということは、患者の訴訟が受け入れられなかった…病院側は賠償等を免れたケースもあります。

この問題が難しいのは、病院の医療行為に関しては、ブラックボックスになっている点も多いということです。病院側が特定の医療ミスに関して隠ぺいしようとしたら、隠ぺいできてしまうことがあるというのも問題点です。

関連記事⇒B型肝炎の訴訟問題とは