B型肝炎の訴訟問題とは

医療訴訟の対象となる病気に関して、過去の事例などがそれに関連している場合があります。そしてそれに対する訴訟が、特定の病気に対して適用されることがあります。その一つが、『B型肝炎』なのです。先ほどは記述しませんでしたが、B型肝炎の感染経路はいくつか考えられ、その内の一つが、医療機関における、『注射器の使い回し』です

B型肝炎B型肝炎は、血液感染が感染経路の主となります。過去に、特定の病に対する予防注射が全国で一斉に行われました。現在ではそのようなことは考えられませんが、その時代においては、まさにその感染経路となってしまう、『注射器の使い回し』が一部で行われました。それによって、B型肝炎に感染した方がおられ、そういった方に対して、国はその感染の賠償となる『給付金』を給付することになっています。

当然その年代に対象となっている人限定ですが、対象となっている方は、一番の方法として、弁護士を通して訴訟を行う事ができます。というよりも、その給付金が支払われる為には、『訴訟が行われなければ』なりません。もちろんここでも、どのような弁護士を選択するかということ、そして実際にどのくらいの額を受け取ることができるのかという点を把握しておくことが大切です。

関連記事⇒B型肝炎について